中野っていい友「柴田 恵利」さん
  • 中野っていい友!No.016「柴田 恵利」さん

    中野っていい友!No.016「柴田 恵利」さん
    今回のゲストは中野駅と新井薬師駅間あいロードにあるイタリアン「Buona Eri(ボナエリ)」のオーナーシェフ「柴田 恵利」さんです。
    若くしてイタリアンのお店を出すに至った経緯や思い、中野でお店を始めてからのお神輿や人との出会いについてお話し頂きました。
  • 画像

    ペモリ)
    初めまして。前回ゲストの「宮内 泰介」さんからご紹介頂きました「柴田 恵利」さんです。
    あいロードでイタリアンのオーナーをしていて、若くて笑顔が良い元気な方だと伺いました。

    柴田)
    初めまして。はい、中野駅と新井薬師駅の間のあいロードでイタリアン「Buona Eri(ボナエリ)」を営業して3年になりました。
    カウンターベースで気軽にイタリアンを食べて欲しいという思いでやっています。この商店街は皆さん温かく来て頂いたお客様にはよく笑顔がいいねと言われますね。

    ペモリ)
    まだお若いのに何でお店を出そうと思ったんですか?

    柴田)
    たくさんのきっかけや後押しが重なってお店を出すことに至りました。
    最初はいつかお店出せたらいいなとしか思っていませんでした。3年前に以前の職場をやめて実家静岡の方に帰ろうとした時に近所のお店のおじいちゃんおばあちゃんに止めて頂き私の為に物件を紹介して頂いたんです。お金の面で厳しいと思っていましたがお金の借りれる銀行の方もご紹介頂いたりして、不安ばかりでしたが前の職場の先輩からの後押しもあったのでやってみようと思いました。
  • 画像

    ペモリ)
    お店はイタリアンって決めていたんですか?またイタリアンの魅力って何ですか?

    柴田)
    いいえ、そもそも私の実家の近くにはおしゃれなイタリアンのお店って当時ありませんでした。笑
    あまりイタリアンも知らずに中学校の時からパン屋になりたいという思いがあり、ケーキ屋をやりたいという双子の妹と一緒に18歳から上京し銀座のお店に就職しました。
    配属の関係でイタリアンのキッチンとして働き出して、職場のスタッフが良かったのもありますが、その頃からイタリアンにハマってしまいました。
    無知だったこともあり、知らない食材がいっぱいあったり、知らない料理がいっぱいあって、一つ一つ覚えることで世界が広がる感じに魅了されました。いつも学ぶことが多くて楽しかったですね。最初はイタリアンって下処理や仕込みなど工程が多くて「難しい」という印象でしたが、やればやるほどシンプルで食材を活かすことでこんなに美味しいものが作れるのかと思いイタリアンのお店をやりたいと思い始めましたね。なので今後ともそういったイタリアン料理を「Buona Eri(ボナエリ)」で美味しく食べて頂けるようご提供したいです。


  • 画像

    ペモリ)
    中野はいつから来るようになったんですか?また中野の魅力を教えてください。

    柴田)
    中野はお店を始めてから利用するようになりました。物件を紹介して頂き下見しに来た時に路上でご近所さんが挨拶していたりするところを見て都会のような田舎のような、人が温かい感じがいいなと思い中野でお店を出そうと決めました。
    お店を出してからも「恵利ちゃんががやっているお店だから行こう」とかお年寄りから若い人まで絆も和も強い人が多い街だなと思います。
    お店を初めてすぐに商店街の理事からお声かけ頂き、初めてお神輿も担がせて頂いて今ではハマっています!笑

    ペモリ)
    お店にも写真が飾られていますがお神輿好きなんですね?

    柴田)
    はい!お神輿って面白いですよねー。最初は中野来たばかりだし知り合いも全然いないので大丈夫かなと思ったんですが、参加してみると大声出して馬鹿騒ぎできるし、こんなバカになれるのってお神輿の時くらいだと思ってハマってしまいました。始めてから3年連続で担がせて頂いてます。今思うとお神輿ってそれがきっかけで地域の方と仲良くなれたり、何町会に誰がいて何をしている人などその地域のことが分かるのも魅力の一つですよね。地域密着になれます。そんなお神輿をお店を出してすぐ担ぐ機会を頂ける中野はいいですね。

  • 画像

    ペモリ)
    中野を一言で言うと?

    柴田)
    和も絆も強い街です。

    ペモリ)
    中野で好きなお店、場所を教えて下さい。

    柴田)
    「中野寿湯温泉」というあいロードにある天然温泉の銭湯です。銭湯が大好きで行く時は2時間いたりとすごい長風呂なんですが、銭湯仲間ができて、たわいもない話をしたり、近所の方が連れてきた子供と遊んだりしています。

    「和香」といううどんと和食のお店で、遅い時間に和食が食べたくなると行きますね。刺身とか本当に美味しいんですよ。あと何よりここは大将とママの接客がすごい温かくていいお店です。

    「博多京太郎」という博多料理屋で。ママ一人で営業していて、お母さんの料理っていう感じの惣菜系など優しい料理が食べられるお店です。

    「石松」というもつ焼き屋で、もちろん味も美味しいのですが、お店の由来ともなっている「森の石松」、大将も私と一緒の静岡出身で歳的にもお父さんという感じでよく行きます。
  • 画像

    ペモリ)
    ありがとうございました。
    ポジティブで社交的で笑顔が素敵な魅力的な方でした。
    次回のゲストは個性的なご夫婦だそうです。
    次回もお楽しみに!

    柴田)
    ありがとうございました。
    次回も宜しくお願いします!
  • 《プロフィール》

    《プロフィール》
    柴田 恵利
    「BuonaEri(ボナエリ)」オーナー
    〒165-0026 東京都中野区新井1-23-24
    TEL:
    03-6317-5242
    「Buona Eri(ボナエリ)なかのっちページ」
    趣味:お神輿